So-net無料ブログ作成
検索選択

時代の雰囲気 [雑感]

最近、堀越二郎さんを題材にした
映画「風立ちぬ」が公開されましたね。
堀越さんと言えばゼロ戦やその前後の
航空機設計者として知られています。
予告編を見ただけですが飛行機
興味を持つ描写がありました。

堀越さんの少年~青年期にはどんな
出来事があったのか興味が湧き
Wikiでちょっと調べてみました。

■年表
0歳 1903年: 堀越二郎さん誕生、ライト兄弟の初飛行
1歳 1904年: 日露戦争(~1905)
9歳 1912年: タイタニック号沈没、元号が明治から大正へ
11歳 1914年: 第一次世界大戦(~1918)
12歳 1915年: 夏の高校野球(第一回)、三毛別羆事件
20歳 1923年: 関東大震災
22歳 1925年: ラジオ放送開始
23歳 1926年: 元号が大正から昭和へ、電子式テレビ受像機開発(日本)
26歳 1929年: ウォール街大暴落
-------------------------------------------------------------------

生まれた年にライト兄弟の初飛行があったのは
航空機設計者に合ったエピソードですね。

ちょうど100年前の1913年から眺めると、前の年に
明治から大正への移り変わりがあったばかりです。
また、あのタイタニック号沈没が同じく前の年にありました。
次の年には欧州で第一次世界大戦が勃発するので
不穏な空気もあった事と思います。

映画でも触れられているようですが、関東大震災を20歳で
経験しています。

一般的な事項だけでも、新発明あり戦争あり、大災害ありと
大変な経験をした世代、時代であったろうと思いました。

タグ:堀越二郎
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。